簡易型セキュリティルーム

危険物質飛散防止対策

セキュリティルーム

 ≪商品特長≫
 粉塵吸着クロスというポリエチレンクロスシートを利用した商品。
このクロスシートは、マイナス帯電しやすいポリエチレンの性質を活用し、プラス帯電物質を吸着させるという仕組みです。つまりプラス・マイナスは引き付けあうということです。
 プラス帯電物質として、人毛・羊毛・木綿・麻・絹・ナイロンなどホコリ・ゴミに成り得る物質が該当しますが、その中に最凶の汚染物質の一つ、アスベストが含まれます。命に係わる健康被害の原因と判明して以降、作ることはもちろん禁止され、解体廃棄時にも厳しい規制が課せられるようになりました。
 その解体廃棄時の対策として企画されたのが、当商品です。
 

特徴

Sample

 骨組みは、足場に使われる単管で構成されており、組み立て・解体がしやすく設計されてます。また、重量もそれなりにあるため、安定した設営が可能となっております。
 簡単な仕組みではありますが、作業には必ず複数人で取り組んでください。

Sample

 左側の黄色いシートが、セキュリティルームに使用されているシートです。
 粉塵吸着の仕組みとしては非常にシンプル。シートの素材であるポリエチレンは、もともと帯電しやすい素材で、その性質を最大限発揮できるよう仕上げられております。
 その特殊シートを筒状に加工し、出入口のファスナーの取り付けなど、すべてをミシン縫製に頼らない加工方法を開発。密閉度を高めることと、吸着シートを使うことにより、危険物質が飛び散りにくい構造としております。
 クロスシートなのでそれなりに強度はありますが、製品の性質上、再利用は不可で、使用後は必ず密閉して廃棄してください。

Sample

骨組みの組立手順です。部材は全てはめ込むだけ。後は現地状況に合わせて、骨組みが水平になるよう足元のジャッキベースを調整するだけです。

Sample

簡易セキュリティルームのイメージ図です。アスベスト等の解体現場出入口に設営します。
3部屋に区切られており、中央部屋にはサイドからエアシャワー等の機械を入れるための開口部があります。

資料ダウンロードはこちら

Sample

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

052-778-1666

愛知県名古屋市名東区社台三丁目46番地

メールでお問い合わせ